半休、時間単位休のメリットと使い方とは?有給休暇を推進しよう。

半休、時間単位休のメリットと使い方とは?有給休暇を推進しよう。
LINEで送る
Pocket

2019年4月より、全ての会社で有給休暇の取得義務化が始まりましたね。

みなさん、有休休暇の取得できてますか?
年間5日未満の社員には会社が強制的に取得するよう、休暇日の指定を行い、取得させなければいけません。
 
 

自分の休みたくない日に休暇なんて嫌ですよね?
せっかくの休暇制度なので、普段できない事への挑戦、趣味でのリフレッシュ等、有意義に休暇を過ごしたいものです。
 

趣味を楽しみたい人にとっては、ワークライフバランスを十分保つためにも、有給休暇の取得を推進させたいですね。
今回は有給休暇制度の中でも、半日休暇時間単位休暇制度の一般的なルールやメリットについてご紹介します。

半日休暇とは?

半日休暇制度は、1日の半分を休むため、半休と略され呼ばれます。
 

午前休、午後休のような、半日単位での休暇制度としている企業が多いです。
基本的に、半日休みのため、有休休暇1日分を”1″としたとき、半休取得は有給取得”0.5″の取得としてカウントされます。
 

半日休暇制度には年間の取得回数制限はありません。
各企業でルールを設けていると思いますので、社内規定をご確認ください。 

時間単位休暇とは?

時間単位休暇制度とは、1時間単位での休暇を取得するため、時間休と略され呼ばれます。
 

1日8時間勤務の場合、1時間取得の場合には”0.125″分の有給休暇となります。
1時間単位の休暇を取得できるため、急な用事や、朝や夕方のちょっとした用事に対応しやすいです。
 

しかしながら、時間単位休暇制度には年に5日分までの取得が上限と決まっています。
毎週決まった用事があると事前にわかっている場合には、上司に相談し、時間差出勤等の調整を行ったほうが賢明です。

半日休暇制度が無いけど法律的にいいの?

便利な半日休暇と時間単位休暇ですが、制度自体が無い企業もあります。
有給休暇制度が無いと言えば、法律上問題となりますが、 半日休暇と時間単位休暇 、それぞの制度は果たして法律上必須な制度なのでしょうか?
  
  
以下、企業法務ナビ様からの引用になります。

この半日単位の有給取得制度(以下「半日有給制度」とする)は、労働基準法などの法律に具体的規定はない。そのため、企業に半日有給制度を導入する義務はなく、また導入するよう努力する義務もない。つまり、半日有給制度は、法律上の制度ではなく、企業の承認が前提で導入される任意の制度ということとなる。

企業法務ナビ

半日休暇、時間単位休暇が無いのは法律上問題ないようですね。
 

法律としては、有休休暇制度があるので、半日休暇、時間単位休暇は企業ごとで制度を作って活用してくださいってことですね。

制度が無い場合にはどうする?

そもそも制度が無い場合には、制度を作るか、諦めて代替手段を使用するしかありません。
  

具体的に制度を導入して貰いたい場合の手段としては、

「同じような意見を持った社員の意見をまとめて、会社に検討してもらう。」

ことが一番です。
  
  

制度を作るのは会社なので、一人の社員ではどうすることもできません。
会社も社員の大多数が希望しているならば、導入後に社員の満足度、労働意欲も上がることで、離職率が下がり、業績向上を望めるメリットがあるので検討してくれるでしょう。

半日休暇、時間単位休暇のメリット

仕事と生活のバランスを取りやすい

夕方からの野球観戦。行きたいですよね?
そんな時に時間単位休暇があれば16時頃に就業し、試合が始まる前にドームへ行けますね!
 

遊びに関わらずとも、役所での用事や病院といった平日で無ければ難しい用事も行いやすいです。

有給休暇よりも取得がしやすい

有給休暇を取得する際って、どうしても周りを気にしてしまいますよね。
特に普段から忙しいチームが近くにいるならなおさらです。
 

1日休む有給休暇とは違い、半日や時間単位での取得ができるので、仕事と両立しながら休暇を取れる感が出ます。
”取れる感”だけなら無駄でしょ!って人もいると思いますが、周りを気にしすぎる人や、職場環境によってはとても大事な要素のようです。

社員の満足度向上

企業から見たメリットですね。

制度によって社員が有給休暇を取得する環境が整いやすくなります
そうして、社員の働き方の選択肢を充実させることで、会社に対する満足度向上に繋がります。

就活生へのアピール

休暇制度を充実させることは対外や、就活生へのアピールとなります。
仕事と生活のバランスを取れるかどうかは、就職する企業を選ぶ際の大きなポイントとなります。

まとめ

半日休暇制度、時間単位休暇制度はいかがでしたでしょうか。

社員がワークライフバランスを保つためには、会社内の制度が大切です。休暇制度を増やすことは、社内、社外へのアピールとしてもメリットが多いです。
 

制度のある人は有給休暇取得のために制度活用を。
制度が無い人は、制度の制定に向けた働きをしてみてはいかがでしょうか。
日本企業全体が、より働きやすい環境になるよう願ってます。

LINEで送る
Pocket

ワークライフバランスカテゴリの最新記事