【愛車紹介】XL883N 2019 Iron 883 | ハーレーダビッドソン

【愛車紹介】XL883N 2019 Iron 883 | ハーレーダビッドソン
LINEで送る
Pocket

ハーレーダビッドソン | XL883N 2019 Iron 883

撮影場所:秋葉原UDX 地下駐車場
撮影機器:Nikon D5500

 

ハーレーダビッドソン とは?

バイクを乗らない人でも知っている有名なバイクメーカーと言えばどこを思い浮かべるだろう?

Kawasaki?それともYamaha?
やはり日本メーカーはバイク界でとても強い
 

では、外車と言えば?
 

そりゃもうハーレーダビッドソンの1強である。(と勝手に思っている。)
「バイク乗りならいつかはハーレー」という言葉もあるくらい
 

ハーレーの特徴と言えばガッツリとしてクルーザースタイルに大排気量の空冷エンジンだと感じる。

このスタイルに魅了を感じる人も多いのでは?

XL883N | 2019 Iron 883 のデザイン

バイク右側面
バイク左側面
左側サイドバッグ

カスタムはほとんどしておらず、純正のLEDライト+タンデムシート+サイドバッグ程度です。

  • 無駄を削いだクルーザータイプのバイク
  • スポーツスターの中で一番の低排気量 883cc
  • ホイールやマフラー等ブラックアウトされた配色
Advertisement

XL883N | 2019 Iron 883 の乗り心地

車重256kgという鉄の塊にシート高760mmのローダウンされた車体には小柄な俺でも乗りやすい。
重いが取り回しもできないほどではない。

  

身長164cmでもベタ足

アイドル時には「ドゥルドゥルドゥル」といった振動
それが低回転~中回転の速度域ではピタッと止まる。

走行中はよほどの高回転・高速域にしない限りはキツイ振動も無いし、車重が256kgあるので多少の風では煽られないし、安定して走行することができる。

純正シートは少し滑るため、好みでない場合には変更したほうが良い。
走り出し、停止の度に体が動くのはどうしても疲れちゃうんでね

 

燃費はわりとよく、リッター20km程度走ってくれるのでタンク容量12.7Lと合わせて、一度の給油で250km近くは走ってくれる。
これには正直驚いた。イメージ的には15km程度しか走らないと思ってたからだ。

友人のYAMAHA r6 やKawasakiの6rだと燃費は10km後半らしい。
大型のSSに乗っている人からするとこの燃費はけっこう意外なんじゃないかな?

ただ、ガス欠も怖いので200km走るまでには毎回給油を行っています。

 

まとめ

ハーレーダビッドソンというメーカーにこのバイク
以前はYAMAHAのネイキッドバイクに乗っていたが、アメリカンに乗りたいと思い立ち883nにたどり着きました。

まだまだ乗り始めてから期間は浅いですが、乗っていて凄く楽しいバイクです。
今後もカスタムやツーリング内容について記事にしたいと思います。

 

LINEで送る
Pocket

バイクカテゴリの最新記事